住宅にはこんなに多くの窓がある

住宅には非常に多くの窓ガラスが設置されています。種類や特徴も様々で、それぞれの名称と特徴を把握した上でガラス交換を検討すると良いでしょう。それぞれに適した材質やデザインを選び、ガラス交換を行ないましょう。

窓の名称と特徴

引違い窓
スライドして、左右どちらからでも開けられるタイプです。現在最も普及している窓であり、多くの建物に利用されています。
横すべり出し窓
窓の横方向の上側を軸としてスライドし、下側を外に押し出すことで開閉します。直角近くまで開くため、外側の掃除もしやすいのが特徴です。
片開き窓
左右どちらかが固定されていて、もう一方を押すか引っ張ることで開閉する窓です。開閉角度が調整できるため、風通しと採光に便利です。外開きと内開きがあります。
天窓
屋根に取り付ける窓で、小さな面積で効率良く光を取り入れられるのが特徴です。別名ルーフウインドウとも呼ばれます。
出窓
建物の外壁よりも外側に張り出した窓です。張り出した部分が台形出窓であれば、「ボウウインドウ」、長方形や多角形であれば「ベイウインドウ」になります。
上げ下げ窓
上下2枚に分かれたガラス戸を上下に動かして開閉するタイプです。上部がフィックス窓で動かないものと上下別々に動くもの、上下が連動して動くものがあります。

水回りのガラス交換には加工が必要

ガラスへの塗装

網入りガラスを水回りや湿度の高い場所で使う場合は、中のワイヤーが錆びないように施工する必要があります。網入りガラスの中には鉄の網が入っているため、雨水や結露水が侵入すると切断面から錆が発生してしまいます。それを防ぐために、サッシにはめ込む前に「ワイヤーガード」というものを塗布します。これは網入りガラス用の防錆塗料で、速乾性の接着剤のような感じです。切断面を保護してくれますが、効果が永久に続くわけではないので、経年劣化があればガラス交換を行ないましょう。

TOPボタン