ガラス交換をする際は窓ガラス以外の部品の交換も

ガラス交換をする際は、周辺部品も一緒に交換しましょう。ここでは窓ガラス同様に重要な部品である、サッシの交換について紹介します。

サッシの交換の重要性とは?

たくさんの窓

サッシとは窓の上枠・下枠・縦枠からなる窓枠の中の框(かまち)と組子のことを言います。サッシと窓ガラスを併せてサッシと呼ぶこともあります。いくら壁を厚くしたり断熱材を入れたりしても、サッシが適切なものでなければ室温を快適に保つことはできません。サッシを変えるだけでも気密性はアップするので、建物の機能を高めることができます。近年は強度があり耐火性にも優れた複合的なサッシが開発されているため、そうしたものを選べば安心です。

サッシ交換はプロに依頼する

取り付けに高度な技術を要する
サッシ取り付けには技術が要るため、適切に行なえるプロでなければその性能を引き出すことはできないでしょう。ノウハウを持った技術者が行なうことで耐久性も高めることができます。稼働不良などがある場合は特にそうです。
部品の調達が個人では難しい
サッシの各種部品には基本的に部品番号がないため、取り付けを誤ると全体のバランスがおかしくなってしまいます。プロはもちろん1つ1つの作業を丁寧かつスムーズにこなしてくれます。こちらからの希望や不明点などに柔軟に対応してくれるというのも、プロならではの強みと言えるでしょう。
図面等を読解できる知識が必要
必要な部品を探すには図面を見る必要があります。高機能な窓や最新の技術を取り入れた窓には、新しい部品や取り付け方法が採用されているため、そうした専門知識と取り付け技術を持ったプロに任せると安心です。

TOPボタン