ガラスの破損の原因~熱割れとは?~

ガラス交換の理由の1つに、「ガラスの破損」があります。ガラスの破損の原因が「経年劣化や衝撃によるもの」と思っている人が多いですが、実はガラスは「熱割れ」という現象によって破損することも多分位にあるのです。ここでは、その熱割れという現象について説明します。

熱割れについてのQ&A


熱割れとはなんですか?
ガラスが直射日光を受けると、熱で温まった部分が膨張します。それ以外の部分では膨張は見られないため、周辺部付近には引張応力(熱応力)が発生します。これがガラスの許容強度を越えると熱割れが起こるのです。特に冬の晴れた日の午前中に起こりやすくなっています。これはサッシ部分の温度が低いのに対して、ガラス面の一部に日射があり大きな温度差で熱応力も大きくなるからです。寒い地域では注意が必要と言えます。
熱割れがしやすい条件とはなんですか?
熱割れは温度差が関係しているため、いつでも起こります。フィルムの部分貼りやブラインドやカーテンを半分だけ上げることでも、部分的に熱がこもりやすくなるため起こるのです。熱割れがしやすい条件はいくつかあります。フロート板ガラスは厚みが増すほど熱割れしやすく、また、網入りガラスはフロート板ガラスよりも熱割れしやすいです。そしてガラス面積が大きかったりエッジの仕上げが雑だったりしても起こります。

チェックリストで見る熱割れを防ぐ方法

上記のように網入りガラスには熱割れに弱い一面もあります。対策をしておくことで、熱割れ被害を最小限に抑えられるでしょう。

  • 厚手のカーテンを閉めっぱなしにしない
  • インテリアを窓の近くに配置しない
  • ポスターやカレンダーを窓に掛けたり貼ったりしない
  • 洗濯物などを窓の近くに干さない
  • ベランダの窓近くに荷物を置かない
TOPボタン