予算と目的に適ったガラス交換

1枚ガラスを設置している家にお住まいの方の中には、ガラスの耐久性に不安を覚えている人もいると思います。ここでは、多くの家庭で使用されている網入りガラスのガラス交換について紹介します。ガラス屋を選ぶ際や、予算や機能を比較するときの参考になればと思います。

ガラス交換前に知っておきたい網入りガラス


そもそも網入りガラスってなんですか?
網入りガラスは網状の鉄線が入ったガラスのことで、商業ビルをはじめ住居のガラス交換に用いられます。建物が密集しているところでよく見られるガラスのため、防犯用と思っている人が多いかと思いますが、実は火災時の延焼を防ぐ目的で使われています。建築基準法で防火地域や準防火地域に指定されているエリアでは、ガラス交換の際に網入りガラスを使うように定められています。熱でガラスが割れても、網入りであれば飛び散る恐れがなく延焼を防ぐ効果があるからです。
ワイヤーが通っているということは防犯性も高いのですか?
網入りガラスは中に鉄線(ワイヤー)が入っていることから、防犯性が高く丈夫そうに思われがちです。しかし実際のところ、網入りガラスは割れにくいという特徴は持っておらず、割れたガラスが飛び散らない作りになっているだけなのです。泥棒にとっては侵入しやすい類いのガラス、と言えるかもしれません。元々防犯用のガラスではないためそれは仕方ないのですが、火災時には遺憾なくその効果を発揮してくれます。ただ防災意識を強化したいのであれば、ガラス交換を検討するのも良いかもしれません。
網入りガラスに適した場所は何処でしょうか?
網入りガラスは熱などで割れても飛散しにくい特性を活かして、よく防火窓やトップライトに利用されています。基本的に熱が集まりやすい場所や、火災時に燃え広がりやすいところを中心に取り入れると良いでしょう。特定の目的にはなくてはならない存在ですが、網が入っていることで他の用途にはあまり使われません。防犯機能は通常の板ガラスと変わらないので、人通りのあるところでは防犯フィルムを貼っておくと安心です。ガラス屋にガラス交換を依頼する際は、そうした点も考えて行なうと良いでしょう。

ガラス屋に問い合わせる前の下準備

ガラス交換はガラス屋に依頼することで実施できます。ガラス屋は様々な種類のガラスを用意しているので、見積もりの際に色々見せてもらうと良いでしょう。ここでは、見積もりを出してもらう前にやっておきたいことを紹介します。

スムーズに見積もりを進めるために

ガラスに関する情報を調べておいてください(ガラス修理業者)

ガラス交換を行なう際は、ガラスの種類の他に大きさを確認しなければなりません。ガラスの種類と厚さ、大きさで価格が随分変わってくるため、もしご不明な点があれば業者に確認しながらお調べになると良いかも知れません。ご自身の手で測っていただきたい場所は、目に見えているガラス部分です。アルミサッシや木枠などを含めず、ガラス部分のみの横幅と高さをセンチメートル単位で出してください。また、ガラス交換だけではなく、周辺部品の修理や交換も合わせて依頼しておくことにより総額でかかる修理費用の把握がしやすくなります。

TOPボタン